Gundersen Gives Testimony to NRC ACRS

About This Video

The Nuclear Regulatory Commission (NRC) Advisory Committee on Reactor Safeguards (ACRS) held a special ACRS meeting Thursday May 26, 2011 on the current status of Fukushima. Arnie Gundersen was invited to speak for 5 minutes concerning the lessons learned from the Fukushima accident as it pertains to the 23 Mark 1 Boiling Water Reactors (BWR's) in the US and containment integrity.

Mr. Gundersen was the first engineer to brief the NRC on the implication of Main Steam Isolation Valve (MSIV) Leakage in 1974, and he has been studying containment integrity since 1972. The NRC has constantly maintained in all of its calculations and reviews that there is zero probability of a containment leaking. For more than six years, in testimony and in correspondence with the NRC, Mr. Gundersen has disputed the NRC's stand that containment systems simply do not and cannot leak. The events at Fukushima have proven that Gundersen was correct.

The explosions at Fukushima show that Mark 1 containments will lose their integrity and release huge amounts of radiation, as Mr. Gundersen has been telling the NRC for many years.


Listen

Transcript:

English

Maggie Gundersen: Hi I'm Maggie Gundersen with Fairewinds Associates, and I'm here this afternoon (Thursday, May 26th, 2011) to do an intro to Arnie's presentation before the NRC Advisory Committee on Reactor Safeguards. This afternoon, the ACRS held a special meeting to assess the status of the on-going multiple accidents at the Fukushima Nuclear Plants. Unfortunately, whether intentionally or unintentionally, Arnie's presentation was interrupted continuously by whispering and rustling of many different papers. While the government and industry participants enjoyed nearly two hours to present, Fairewinds was granted only five minutes. You'll see for yourself how tough it is as an individual or an expert witness to testify to the NRC.

----------------------------------------------------------------------

Arnie Gundersen (prepared presentation):

Good afternoon Mr. Chairman and members of the Advisory Committee on Reactor Safeguards.

I speak to you today as the Chief Engineer of Fairewinds Associates, Inc, and have not been retained by any group to make a statement at this meeting. Although there are many issues that must be resolved as a result of the nuclear accidents at Fukushima, I will focus on the single issue of containment integrity in the brief time you have allotted to me.

I first wrote to you, the ACRS in 2005 to express my concern regarding Vermont Yankee and the net positive suction head (NPSH) waiver that the ACRS granted to Vermont Yankee.

In 2008 Fairewinds was retained by CCAM to analyze the Millstone 3 containment. I spoke twice to the ACRS regarding my belief that the containment volume to power ratio at Millstone 3 is the smallest of any Westinghouse four-loop plant in the world. At that meeting, the ACRS staff acknowledged that it does not have the capability to analyze containment systems.

In 2009 Citizen Power retained Fairewinds to analyze the hole found in the Beaver Valley containment. That analysis was also discussed by the ACRS. In 2010 when I met with you as a candidate for an opening on the ACRS, we discussed NPSH and its relation to containment integrity. I noted then that the Browns Ferry units had not been allowed the NPSH credit, yet ACRS granted the NPSH credit to Vermont Yankee five years earlier. It is illogical that that the people of Alabama have more accident protection than the people of Vermont.

In 2010 the AP1000 Oversight Group retained Fairewinds, and in April 2010, Fairewinds provided you with a report detailing a long history of containment failures around the country. In June 2010 Attorney Runkle and I met with you for an hour and a half to delineate my concerns regarding doubts about the containment integrity of the AP1000 design. In December of 2010 I wrote to you again notifying you of a significant amount of additional information about containment failures and flaws because at the October 2010 ACRS meeting, the NRC staff informed the ACRS that the NRCʼs calculations assume that there is zero leakage in the Mark 1 design.

Each time I have contacted you, the containment integrity data has been rebuffed and ignored. The accidents at the Fukushima Mark 1 BWR reactors have confirmed my belief that leakage of a nuclear containment cannot be based upon the assumption of a leakage rate of zero used by the NRC. This week, Tokyo Electric Power Company (TEPCO) has finally acknowledged that all three of the Fukushima Mark 1 containment systems are leaking significant radiation into the environment, and at least Units 1 and 2 began leaking on the first day of the accident. Unfortunately, the possibility of such containment failures, to which I have alerted you for the past six years, have been proven correct.

It is no surprise to me that containment systems have a long history of leaking and have now failed three times at Fukushima, yet it apparently comes as a major surprise to this advisory body and the NRC.

The ramifications of nuclear reactor containment leakage and failure the NRC and this body must consider are:

1. The SAMDA analysis for the Westinghouse AP1000 design is based upon false calculations that there is zero probability of a containment leak of any magnitude. The historical record prior to Fukushima proved this assumption false, and the Fukushima containment failures require that the AP1000 design be reanalyzed and retrofitted with advanced charcoal filters on the top of the shield building.

2. This advisory body has granted NPSH credits to numerous reactors around the country in violation of Regulatory Guide 1. Today, with a simple stroke of a pen, the ACRS can acknowledge its erroneous decision by requesting that the NRC revise the licenses of all reactors so that every reactor is in compliance with Regulatory Guide 1. And, with this one simple pen-stroke you can make all of the reactors applying the NPSH credit immediately safer than they are today.

3. Everyone sitting on the ACRS today knows that the pressure suppression containments on General Electric BWRʼs were inadequate when they were first designed. As a result of that design inadequacy, boiling water reactor containment vents were added in 1989 to prevent containment over-pressurization. Currently there are 23 Mark 1 containment systems in operation. All 23 Mark 1ʼs have vents that were added as a Band-Aid fix. It is time for the ACRS to evaluate containment venting to determine whether or not it any of these reactors be allowed to continue operation.

4. Moreover, ACRS should stop the license renewals of any BWR until the Fukushima accidents have been completely analyzed.

For the record, Fairewinds finds it disconcerting that both NEI (Nuclear Energy Institute) and DOE (Department of Energy) have been granted one hour each to make presentations to this body, when NEI and DOE are responsible for the promotion of nuclear power. I have brought these containment integrity issues to your attention for more than six years. In closing, I strongly suggest that each of you as members evaluate the bias you bring to the table when listening to experts with whom the nuclear industry disagrees.

Thank you for your time. I will gladly brief you in detail if you so choose.

日本人

,

ガンダーセン氏、NRC ACRS(原子炉保障措置に関する原子炉安全諮問委員会)に証拠を提出

NRC/ACRSは、5月26日の木曜日に、特別なACRSミーティングを開きました。福島の現状について話すものです。アーニーガンダーセン氏は、福島の事故から学ぶべき教訓について考えさせられる内容を5分間話すため、招待されました。それは23機ある、Mark1沸騰水型原子炉(BWR)における格納容器の完全性に関係するものです。

ガンダーセン氏はNRCに対し、主蒸気隔離弁(MSIV)における、放射性物質の漏出について暗に提言した、最初の技術者でした。1974年のことです。加えて彼は1972年から格納容器の完全性について研究しつづけています。NRCは格納容器からの(放射性物質の)漏出の確率はゼロであるという自身のレヴューと計算を一貫して維持しています。

6年以上の間、事実をサポートする証拠と書面によるやりとりをNRCとの間で行い、ガンダーセン氏はNRCの、格納システムはまったく(放射性物質を)漏洩しえないという態度に異論を唱えています。福島での事故はガンダーセン氏が正しかったことを証明しました。福島での爆発は、Mark1格納容器がその完全性を失ってしまうことと、膨大な量の放射性物質を放出してしまうことを示しました。それはガンダーセン氏がNRCに長年、提言し続けてきたことです。

マギー・ガンダーセン:

こんにちは。フェアウインズ・アソシエイツのマギーガンダーセンです。2011年5月26日、木曜日、原子炉安全装置についての、NRC アドバイザリー委員会の前に、アーニーのプレゼンテーションを紹介します。今日の午後、NRCは特別なミーティングを開きました。それは福島原子力発電所で起きた、継続中である複数の事故の状態を評価するものでした。不幸なことに、意図的かどうかはともかく、アーニーのプレゼンテーションは何度か雑音で遮られました。政府や業界からの参加者が約2時間の充実した発表を行ったのに対し、フェアウインズはたった5分しか与えられませんでした。個人であり、ひとりのエキスパートとしての目撃者がNRCに証拠を与えることの厳しさを、感じていただけると思います。

アーニー・ガンダーセン:

こんにちは。ACRSの議長、およびメンバー4の皆様。私はフェアウインズ・アソシエイツのチーフエンジニアとしてあなた方に伝えます。私はこのミーティングで発表するいかなる団体にも雇われていません。しかしながら、話すべき内容はたくさんあります。それらは福島の原発事故からの結末として、解決されなければなりません。私は格納容器の完全性について、あなた方からいただいた短い時間の中で、集中して話したいと思います。

私があなた方、ACRSに最初に書面差し上げたのが、2005年でした。内容は私がバーモントヤンキー原発について憂慮したことと、ACRSがバーモントヤンキー原発に与えたNPSH権利放棄書についてでした。

2008年、フェアウインズはCCAMにマイルストーン3の格納容器の分析を行うものとして雇われました。私は2度、マイルストーン3は、発電力に対しての格納容器の厚さの比率が、世界のすべてのWestinghouse four-loop型の原子炉の中で最も小さいことをACRSに伝えました。その時のミーティングで、ACRSのスタッフは、彼らが格納システムを分析する能力に欠けることを認めました。

2009年、CitizenPowerはフェアウインズを、ビーバーバレー原発の格納容器に空いた穴の分析のため、雇いました。分析した結果はACRSを議論しました。2010年、私は選ばれた者としてACRSのオープニングのためあなた方と会いました。私たちはNPSHとそれの格納容器の完全性との関係について議論しました。私はそれから、ブラウンズフェリーのいくつかの原子炉が、NPSHを与えられていなかったことを書き留めました。それより5年前に、ACRSがバーモントヤンキー原発にNPSHを与えていたにもかかわらずです。これは筋の通らない話で、アラバマの人々はバーモントの人々に比べて、(原発)事故に対してより保護された状態にあることを意味します。

2010年、AP1000 Oversight Groupはフェアウインズを雇いました。そして2010年4月、フェアウインズはあなた方に国内で起こった格納容器の問題についての長い歴史を詳しく述べたレポートを提供しました。2010年6月、弁護士であるRunkle氏と私はあなた方と1時間半、会談しました。AP1000デザインの格納容器の完全性が疑わしいという私の憂慮のアウトラインを描くためにです。2010年10月、私は書面にて再度あなた方に、格納容器の問題と破損について、更なる膨大な量の情報を送りました。何故なら10月のACRSのミーティングで、NRCのスタッフはACRSに、Mark1デザインにおいて(放射性物質の)漏出はゼロであることを、彼らの計算では想定していることを知らせていたからです。

私があなた方に連絡をとったいずれの時も、格納容器の完全性に関するデータははねつけられ、無視されました。福島のMark1沸騰水型原子炉での事故は、原子力格納容器からの(放射性物質の)漏出について、NRCで使用されているその可能性をゼロとした想定を基礎に置くことは出来ないという私の信条を確認するものとなりました。今週、東京電力(TEPCO)はついに福島の3つのMark1格納システムすべてが、自然環境に膨大な量の(放射性物質の)漏出をしていること、そして少なくとも1号機と2号機について、漏出は事故最初の日から始まっていたことを認めました。残念なことに、そのような格納容器の問題、私があなた方に過去6年間警告してきたことが、正しかったと証明されたことになります。

格納システムが(放射性物質の)漏出をしてきた長い歴史を持つことと、現在、3度福島でその機能を失敗していることは私にとって驚きではありません。NRCとこの助言を与える団体にとっては大きな驚きのようでしたが。

原子炉の格納容器からの(放射性物質の)漏出および機能損失の分岐について、NRCおよびACRSが考慮しなければならないことは:

1 Westinghouse AP1000デザインのためのSAMDA分析は、いかなるマグニチュードに対しても、格納容器からの(放射性物質の)漏出の確率はゼロである、誤った計算を基礎としています。福島事故以前の歴史上の記録は、この想定が誤りであることを証明しました。そして福島の格納容器の機能損失は、AP1000デザインの再度の分析と、遮蔽するための建屋の頂部に、【advanced charcoalフィルター】を取り付けるといった調整を要求しています。

2 この助言を与える団体は、NPSHを国内数多くの原子炉に与えています。これはRegulatory Guide 1に違反した状態です。今日、たったひとつのことで、ACRSは自身のエラーを含んだ判断を認識することができます。それはNRCがすべての原子炉のライセンスを見直すことを要求することで、その結果、すべての原子炉がRegulatory Guide 1を遵守することになります。そして、そのたったひとつのことで、 NPSHが与えられているすべての原子炉を、ただちに現状より安全なものとすることができます。

3 ACRSとして参加されているすべての方は、今日、General ElectricのBWRにおける圧力抑制格納容器が不適当であったことを知っています。それはデザインされた当初からのことです。デザインが不適当であった結果、沸騰水型原子炉の格納容器にベントが、1989年に圧力超過を避けるために加えられました。現在、23機のMark1格納システムが操業状態にあり、23機すべてに対し、ベントが救急ばんそうこう的に取り付けられています。ACRSにとって、これら原子炉に操業を許すか否かを判断するために、格納容器のベント動作を評価する時期にあります。

4 更に言うと、ACRSはすべての沸騰水型原子炉に対し、ライセンスの更新を止めるべきです。福島の事故が完全に分析されるまではです。

記録のため申しますが、フェアウインズは、NEIおよびDOE両団体が1時間、ACRSにプレゼンテーションを行う時間を与えられたということが、我々の立場を邪魔するものと分かりました。NEIおよびDOEは原子力を推進する立場にいます。私はこれら格納容器の完全性に関する論点をあなた方に気にかけてもらうよう、6年以上送っています。最後に、私は強く提言します。あなた方各自が、原子力業界に反対する立場のエキスパートに耳を傾けるというこのテーブルに、持ち込んでいるバイアスを評価されることを、私は強く提言します。

時間を割いていただきありがとうございました。もしあなた方がそのような選択をしてくれたなら、私はうれしく思います。