Hot Particles From Japan to Seattle Virtually Undetectable when Inhaled or Swallowed

Fairewinds Energy - Hot Particles From Japan To Seattle

https://vimeo.com/25002205

About This Video

Original estimates of xenon and krypton releases remain the same, but a TEPCO recalculation shows dramatic increases in the release of hot particles. This confirms the results of air filter monitoring by independent scientists. Fairewinds' Arnie Gundersen explains how hot particles may react in mammals while escaping traditional detection. Reports of a metallic taste in the mouth, such as those now being reported in Japan and on the west coast, are a telltale sign of radiation exposure.

Video Transcript

[tabgroup][tab title="English"]

Arnie Gundersen: Hi I'm Arnie Gundersen from Fairewinds.

There has been a lot of discussion in the press in the last week about Tokyo Electric changing their estimate for the amount of radiation that was released at Fukushima, and there has also been a lot of discussion about radioactive hot particles being discovered all over Japan.  I wanted to tie those two together today and talk about just what that means.

First, Tokyo Electric recalculated the amount of radiation that came out of Fukushima in the first week.  And they discovered that that first week released twice as much radiation as they had thought was released in the entire accident.  So it released an enormous amount more than they anticipated.

But the second piece of that, is that most of these new numbers, most of these new radiation particles, were hot particles.  And here is why.  Right after a nuclear fuel melts, it releases all of it's gasses and those gasses are called Xenon and Krypton.  They are noble gasses, they don't react and they surround the population, bombard the population, with gamma rays.  Now that part of the calculation is pretty straightforward.  That part doesn't change with this new estimate from Tokyo Electric.

So the Xenon and Krypton part of the estimate is there.  But what has changed is that they have realized that an enormous amount more hot particles were released.  Now even then, this is an assumption, remember all of the radiation detectors were blown to smithereens.  And still they are assuming that about 98% of the radiation is still inside that reactor.  But this new radiation is in the form of hot particles.  What are they?  Cesium, Strontium, Plutonium, Uranium, Cobalt 60 and many, many others.  When you go outside and you are in a cloud of noble gasses, you could pick it up with a radiation detector, because you are bombarded by gamma rays.

But when you are in hot particles, unless there are many, many, many, it is very difficult to detect a single hot particle.  But that doesn't mean it is not dangerous.  We are discovering by scientists, independent scientists, using air filters in Japan, that the average person in tokyo breathed in about ten of these hot particles every day all the way through the month of April.  Those same scientists, using air filters, are discovering that in Fukushima, people were probably breathing in 30 or 40 times more radiation than they were in Tokyo, again in the form of a hot particle.  What surprised me is that the air filters in Seattle, indicate that the people there were absorbing 5 hot particles every day for the month of April.  What does that mean?  It means that that hot particle gets absorbed in your lung, or it winds up in your intestines or it winds up in your muscle or it winds up in your bone.  It constantly bombards a very narrow piece of tissue.  Now we have here a picture of a lung from an ape and there is a hot particle in the lung.  And you can see how localized the damage is from that hot particle constantly bombarding the ape's lung.  Now a constant irritant like that your body fights, and most of the time your body wins.  Sometimes however, those hot particles can cause a cancer and of course, that is a grave concern.  Now you can't run a geiger counter over someone's lung on the outside to determine if they have a hot particle.  Because those particles, those rays, don't travel outside the body.  They do their damage to the local tissue.  But we know they are there, because the air filter results indicate that they are.

Since I was about 16 years old, I used to work on cars a lot.  I know that if I was working on a car in Japan right now, I would be using gloves and a respirator if I was removing the air filter in a car, because I know that there is radiation on those air filters.  That is what the independent scientists are telling us.

The last thing I would like to talk about tonight is that there have been reports coming out of Japan, of individuals tasting a metallic taste.  Now this is not the first time that that metallic taste has been detected after a nuclear accident.  People near Three Mile Island detected a metallic taste in their mouth.  People near Chernobyl detected a metallic taste in their mouth.  Also, patients undergoing radiation therapy for cancers also have detected a metallic taste in their mouth.  This is anecdotal.  It is very difficult to measure, but that we are seeing it in Japan confirms what has already been detected at Three Mile Island and at Chernobyl.

That's about it for tonight.  Next week, on Thursday, June 16th, I will be at the Boston Public Library between 6 o'clock and 8 o'clock at night.  The topic is:  Fukushima - Can It Happen Here In The United States?  I will be with David Lockbaum from the Union of Concerned Scientists and Dr. Richard Clapp, an epidemiologist.  If you are in the Massachusetts area, it would be nice to meet you there.

Thank you and I will keep in touch.

[/tab][tab title="日本人"]

 日本からシアトルに飛んできたホットパーティクル(放射性を持った粒子)は、吸い込んでも飲みこんでもほとんど検出不可能

キセノンとクリプトンの放出の、元の見積もりでは同じ数値に留まっているものの、TEPCO(東京電力)の再計算は、ホットパーティクル(放射性を持った粒子)の放出量について、劇的な増加を示しています。 このことは、独立系科学者により行われた空気フィルターの観測の結果からも確実になっています。フェアウィンズのアーニー・ガンダ-ソン氏は、既存の検出システムで検出されないホットパーティクル(放射性を持った粒子)が、哺乳類に対してどのように反応するであろうかを説明しています。現在、日本あるいは西海岸で報告されているような口腔内金属性テストの報告が、放射能被曝を明確に示すひとつの証拠なのです。

 

こんにちは、フェアウィンズのアーニー・ガンダーセンです。東京電力が福島第一原発から放出された放射線量の推計値を修正したために、先週はメディアで 様々な議論がなされました。また、高放射能粒子が日本全国で発見され、これも大きな議論を呼んでいます。今日はこの2つの出来事を結びつけ、その意味するところをお話ししたいと思います。

まず、東電は事故後一週間で放出された放射線の総量を計算し直し、当初予想していた量の二倍だったことに気づきました。予想をはるかに超える膨大な量が放出されていたわけです。

しかし、新しく増えた分のほとんどはホット・パーティクルと呼ばれる高放射能粒子です。なぜそうなったかというと、核燃料は融けるとすぐに気体状の放射性物 質をすべて放出します。この気体はキセノンとクリプトンで、希ガスと呼ばれる種類であり、ほかの物質と反応することはありません。気体は住民の周囲を取り巻き、住民にガンマ線を浴びせます。この希ガスの放出量に関しては計算が単純なので、東電の新たな推計値でも変化はありません。では何が変わったのかといえば、放出された高放射能粒子の量が予想をはるかに上回っていたことに気づいたのです。

事故の際に放射線計がすべて粉々に吹き飛ばされたのを思い出してください。それでも彼らは、放射性物質の約98%はまだ原子炉内に留まっていると想定していました。しかし、今回新たに判明した放射性物質は高放射能粒子という形態をとっています。具体的にいうと、セシウム、ストロンチウム、プルトニウム、ウラン、コバルト60などで、ほかにもたくさんの種類があります。

人が屋外に出て希ガスの雲に入った場合は、放射線計で探知することができます。希ガスが浴びせるのはガンマ線だからです。 ところが、高放射性粒子の中に入った場合、粒子の数がよほど多くないかぎり一個一個の粒子を検出するのは非常に困難です。検出されないからといって危険性 が低いわけではありません。独立機関の研究者が日本の車のエアフィルターを調べたところ、東京の平均的な都民は4月中、毎日約10個の高放射能粒子を吸い 込んでいたことがわかりました。同じ研究者によれば、福島県民は東京都民の30~40倍の高放射能粒子を吸い込んでいると見られています。

私 が驚いたのは、アメリカ西海岸のシアトルのエアフィルターからも、住民が4月のあいだ毎日約5個の高放射能粒子を体内に取り込んでいたとわかったことで す。これはどういう意味でしょうか。高放射能粒子が最終的に肺に入ったり、腸に入ったり、筋肉に入ったり、骨に入ったりする、ということです。体内に取り込まれた高放射能粒子は、非常に狭い範囲の体組織に絶え間なく放射線を浴びせます。

これはサルの肺の写真です。肺に高放射能粒子が入り込 んでいます。高放射能粒子がサルの肺に絶え間なく放射線を浴びせた結果、非常に局所的な損傷が生じていることに注目してください。絶えず組織を刺激する物 質が存在すると、体は戦います。たいていは体が勝つのですが、ときに高放射能粒子ががんを引き起こすことがあります。そうなればもちろん非常に憂慮すべき事態です。

体の外側から肺の上にガイガーカウンターをかざしても、体内に高放射能粒子が取り込まれているかどうかはわかりません。高放射 能粒子が出す放射線は体の外には出ないからです。ただひたすら体内組織の狭い範囲にダメージを与えます。それでもエアフィルターの調査から見て、体内に取り込まれているのは確かです。

私は16歳くらいの頃から、よく車の修理をしました。ですが、もしも今私が日本で車の修理をするとしたら、車のエアフィルターを取り外すときに手袋をはめてガスマスクをつけるでしょう。そのフィルターに放射性物質が付着しているのがわかっているからです。それ が独立機関の研究者たちの調査結果です。

最後にお話ししたいのは、「口の中に金属の味がする」という報告が日本から届いている点です。原 発事故のあとで金属の味が確認されるのは今回が初めてではありません。スリーマイル島原発の近隣住民も[事故後に]金属の味を感じ、チェルノブイリ原発の 近隣住民も金属の味を感じました。また、がんの放射線治療を受けた患者も金属の味を感じます。これは経験談なので科学的に測定するのはきわめて難しいので すが、今回日本で金属の味が報告されたことによって、スリーマイル島やチェルノブイリでの経験談が事実だったことが裏づけられたと思います。

では今夜はこの辺で。来週の木曜日、6月13日に、私はボストン公立図書館で午後6時から8時まで講演を行ないます。テーマは「福島の事故はアメリカでも起こりうるのか」です。私のほかに、「憂慮する科学者同盟」(Union of Concerned Scientists) のデビッド・ロックバウム博士や、疫学者のリチャード・クラップ博士も参加します。もし皆さんがマサチューセッツ近辺にいらっしゃるなら、お越しいただければ幸いです。

ありがとうございました。またお目にかかりましょう。

[/tab][/tabgroup]